毛皮が緑に変色した場合の修復は

毛皮を購入しても1年中着用する訳ではありませんし、良い物とは分かっていてもタンスの肥しにしてしまう事もあります。久しぶりに着て出掛けようと思うと毛皮が緑に変色しているトラブルが起きる事があります。毛皮のトラブルの中でも変色のトラブルは多い分類になります。 クリーニングに出していても変色は起きてしまいます。毛皮が日焼けしてしまう事によって緑色に変色してしまうからです。淡い色合いの毛皮ほど変色しやすいという特色があり注意が必要です。 緑色に変化してしまったのではなく、元の色から赤の色素が抜けてしまう事によって緑色に見えてしまっています。クリーニング店に持って行っても対処出来ないと言われる事も多く、専門的な技術が必要となってしまいます。緑色になってしまった部分に染色を行う事によって、元の状態に近づける事が可能です。専門的な技術と繊細な仕事が必要となってしまうので、毛皮の修復を専門的に行なっている所に相談する必要があります。